過去に治療歴・持病があっても加入できる緩和型のがん保険

保険は持病や過去に入院・手術歴があると加入できる保険が限られたり、保険料が高くなることがあります。がん保険も同じことがいえますが、その中でも緩和型は持病がある方でも加入できる保険です。条件は加入条件に合致することで、告知事項が付けられています。例えば、過去数年内にがんの治療を受けていない、あるいは該当する病気に罹り、治療を受けていない点があります。その中でがん保険の緩和型で注目すべき点は過去何年間の病歴を告知義務としているかということです。がん保険の中には過去2年以内を対象としているものもあります。加えて直近の病歴・治療歴を合わせて加入できる条件に当てはまるかどうか確認しておく必要があります。緩和型の保険は掛け金が高めですが、高額ながんの治療を考えると加入がベストです。がん保険の保障がない場合と、ある場合ではかなりの差があります。経済的負担を抑えるのが保険の役目でもありますから、再発・再入院のケースを想定することも大切です。

このページの先頭へ