がん保険の加入年齢は40代の保険料の上がり方を参考に

がん保険の加入年齢を考える際、若いうちから加入した方が保険料は安くなります。しかし、収入がない中で保険に数多く加入すると家計を圧迫しかねません。保険は月々の保険料の負担を考えて、負担の少ない時期と必要な時期の二つをみながら加入するのがベストです。払い込み年齢を退職時期の60歳に合わせて計算してみると、40代の頃から保険料は上がります。これは40代からは成人病に罹るリスクも高いこともあり、急な上がり方をみせることがあります。終身型のがん保険を選択した場合も40代を区切りに保険料は上がってきますが、その上がり方は払い込み年齢を設定した場合と比べて低くなります。先に支払うのか、時間をかけて払い続けるのかの選択になる訳ですが、がん保険のベストな加入年齢は30代の頃から準備するのがベストだということがみえてきます。若いうちに加入年齢を設定することは保険全般に言えることですが、がん保険はちょうど働き盛りの時期に重なります。医療保険や生命保険を合わせて加入する時期ともなりますので、それぞれの負担の合計と必要な保障を算出して加入するのがおすすめです。

このページの先頭へ