がんになってからの保障内容で比較したいがん保険

がんになってからがん保険に加入することはできませんが、過去の治療に関して期間が離れているケースでは緩和型の保険に加入することも可能です。がんはしこりや痛みなどの自覚症状もあり、それでがん保険に加入するケースもあります。そのためがん保険では医療保険と違って90日間の待機期間を設けて保障開始期間を定めています。保険料を支払って、すぐに保障されない点もがん保険の特長であり、注意点でもあります。がんになってから給付されるものに診断給付金があります。一時金ではあるのですが、金額も大きいため、より綿密な検診や治療・入院準備に充てることができます。その他、医療保険と同様に入院給付金や手術給付金も給付されます。がんになってから始めたいことは専門の医療機関にかかることであり、自宅近くにない場合は遠方で交通費などを掛ける必要性も出てきます。初期の段階で大きな出費を伴うのもがん治療であり、がん保険はそのための保障がいくつかの給付金で構成されています。

このページの先頭へ