がん保険の注意点は加入後90日間の待機期間

がん保険はがんの治療や入院に際して保険金が給付されます。医療保険の場合もがんの治療を対象にしたものもありますが、保障の充実度や適用範囲の面でがん保険に利点があります。同じ病気治療のための医療保険との大きな違いとしては保障期間があります。通常、第1回目の保険料の払い込みが完了すれば、責任開始期間となり、保障内容に該当すれば保険金が支給されます。しかし、がん保険の注意点としては待機期間がある点です。加入後から約3ヶ月間、90日間の期間を経て初めて対象となります。がんは徐々に進行する点もあり、がんかもしれないといってがん保険に加入するケースもあります。そうなれば、保険会社は保険金の支給に追われ、破綻しかねません。このような事態を避けるべく、90日間の待機期間が設けられているのです。その他、がん保険の注意点としては1入院の日数制限や入院の総日数などもあります。がんの治療は再入院のケースも多く、長期にわたる点もあります。そうしたケースに当てはまるかどうか、退院後から次の入院までの給付制限も注意点としてみることが大切です。

このページの先頭へ